毎日を少しだけ楽しく、少しだけ健康にするブログ

僕らだって人間です

ライフログ

ランニング中に聞いていて涙が出た浜崎あゆみの名曲

投稿日:


僕はランニング中に必ず音楽を聴くんですけど、

昨日のランニング中にたまたま流れた、

浜あゆみさんの「who...

という曲で、思わず涙が出てしまいました。

スポンサーリンク

浜崎あゆみ世代

僕は30代なんですけど、ばっちり浜崎あゆみ世代です。

実は初めて行ったコンサートが浜崎あゆみさんでした。

僕らの世代は、中学生くらいで音楽に興味を持ち始めることが多くて、

GLAYやラルク、宇多田ヒカルとか聞いてましたね。

コンサートに行ったのも中学生のとき。

ポータブルのMDプレーヤーが流行っていた頃です。

ランニング中に涙が出た理由

昨日のランニングはすごく調子が悪くて、3kmくらいで足がパンパン。

ペースもバラバラで、辛いランニングになってしまいました。

ランニングに関しては無理せず続けることを目標としているので、

5kmくらいで一度止まり、ストレッチを入れて合計7km走りました。

残りの1.5kmで浜崎あゆみさんの「who...」がかかって、涙が出てしまったんです。

昨日は仕事で結構嫌なことがあって、

少し感情的になってしまっていました。

こういう時はね、ランニングもダメです。

職場で嫌なことがあって、ランニングも辛くて、

そんなときに流れたwhoの歌詞が、自分の心情に合っていて、慰められました。

「who...」について

この曲は、浜崎あゆみさんの作詞です。

メロディもすごくいいんですけど、歌詞がすごく響くんです。

この曲は、自分の周りにどれだけ支えてくれている人達がいるのかを考えさせてくれる曲。

僕が思わず泣いたのは、後半の方のこの部分。

道に迷ったとき

そして 道が遠過ぎたときに

一人 つぶやいてみたよ

そんなものだと

 

この歌詞が、職場での嫌な出来事とランニングも思うようにいかないその時の心情にバッチリハマってしまって、

思わず涙が出てしまいました。

ランニング中に涙して学んだこと

歳を取って来ると涙腺が緩くなるのは本当のこと。

だけど、それだけ日常でストレスを感じているということ。

そういう日常であることに気付かされたとき、

あるいはそういう日常にストレスを感じている自分を慰めてくれる何かに出会ったとき、

涙が出るのだと思います。

いずれにしても、「明日も頑張ろうと」いう気持ちで昨日を終えることができ、

今日を迎えられている。

今日は嫌なことがないように、そして嫌な思いを周りなさせないように、仕事を頑張ろう。

-ライフログ

Copyright© 僕らだって人間です , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。