毎日を少しだけ楽しく、少しだけ健康にするブログ

僕らだって人間です

子育て

パパが知っておくべき、ママの負担を軽減するための「家事分担」よりも大事なこと

投稿日:

共働きで子どもを育てている家庭につきものなののが、家事の分担。

どうしてもママの仕事量が増えてしまうので、どこの家庭も家事の分担を考えるのではないでしょうか。

ところが家事の分担は、夫婦の仕事を明確に決めすぎてしまうと、逆にお互いのストレスにもなってしまいます。

僕も共働きで子どもを育てる中で色々と考えた結果、

家事の分担も大事ですが、それよりも「ママが自由になれる時間を作ってあげること」が必要なんじゃないかって思うっています。

僕と同じようなパパの皆様の参考になればと思います。

スポンサーリンク

共働き 家事の分担の欠点

共働き家庭では、家事の分担をしている場合が多いと思います。

料理はママ、洗濯はパパ。

場合によっては、曜日ごとに家事の内容を決めている家庭もあるかもしれません。

家事の分担は、家庭内でお互いの仕事量を調節するために、よい方法ではあると思います。

ところが、家事の分担は言い換えれば、やらなければいけない家事を決めてしまうということ。

明確に決まっていればいるほど、長く続けて行くとストレスになってきます。

計画通りに生活することが得意な家庭はいいかもしれませんが、

家事を分担したことで、逆に「やらなければならない」というストレスになってしまう可能性があるんです。

これは特に、普段あまり家事をやらないパパが陥りやすいことです。

何のために家事分担するのか

家事の分担をする前に、なぜ分担するのかを考えておくべきです。

家事の分担は、互いの仕事量を均一化すること。

これは間違い無いんですが、問題はその先です。

均一化できたからと言って、休める時間とか、気分転換する時間とか、

いわゆる自由な時間ができないことには、お互いのストレスは溜まっていくばかりです。

だから、まず何よりパパは、

「ママが何もしなくてもいい時間を作ってあげること」

を念頭に置いて、家事の分担を考えるべきではないでしょうか。

何もしなくてもいい時間とは

共働きだったとしても、子供と一緒のいる時間はどうしてもママの方が長くなってしまいます。

そのため、ママって自分一人の時間があまりないんです。

パパと比べても、ママの自由な時間は本当に少ないんです。

何もしなくてもいい時間というのは、何をしてもいい時間。

買い物に行ったり、友達とランチに行ったり、飲みに行ったり。

そういう自由な時間が、ママには特に必要だと思います。

自由な時間を作るための家事分担

自由な時間を作ることを念頭に置くと、家事をどのように分担するかが自然と決まってきます。

例えば、我が家では、夕食の洗い物と洗濯は必ず僕がします。

そうすると、ママは子供が寝た後、少し時間ができるんです。

それから、休日にはあえて子供と二人で外出をします。

その間、ママはゴロゴロしたり、買い物に行ったりしています。

とにかく、お互いのストレスが溜まらないように、何もしなくていい時間を作ってあげることが、とても大事です。

-子育て
-, , , , ,

Copyright© 僕らだって人間です , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。