毎日を少しだけ楽しく、少しだけ健康にするブログ

僕らだって人間です

https://oceansblog.com

スキンケア ブログ バルクオム バルクオム スキンケアブログ

バルクオムの使用感|バルクオムのスキンケアブログ【Day3】

更新日:

バルクオムを使い始めて3日目。まだ効果は実感できませんが、数日使ってみて感じた、バルクオムの使用感をお伝えしようと思います。

スポンサーリンク

バルクオムの使用感

3月30日から使い始めたバルクオムのスキンケアシリーズ。

バルクオムを購入してみました

僕が購入したのは肌活コース+THE LOTIONなので、洗顔・化粧水・乳液それぞれの使用感をお伝えします。

バルクオムの洗顔「THE FACE WASH」の使用感

バルクオム の洗顔料 THE FACE WASH

バルクオムの洗顔を3日間使って率直に感じたことは、とても泡立ちがいいということ。

公式サイトでは、洗顔の適性使用量は「10円玉1個分の大きさ、かつある程度の厚みを持たせる」となっています。

始めてバルクオムの洗顔を使った日は、この公式サイト通りの使い方をしてみました。

泡立てネットを使って泡立ててみると、両手には収まりきらないくらいの泡ができ、おそらく顔と上半身くらいは洗えるのではないかという程。

ちょっともったいない気がしたので、2日目からはやや量を減らし、10円玉1個分の大きさで厚みを持たせないような量にしました。

バルクオムの洗顔料は少量で弾力のある泡が作れる

それでもこれくらい泡立ちます。

バルクオムの洗顔の泡

それと、バルクオムの洗顔は生石鹸でできており、さらに定期コースについてくる泡立てネットがかなり優秀なので、泡の量だけでなく、泡の濃さも素晴らしい。

少量の洗顔で、濃密で弾力のある泡が簡単に作れます。

洗い上がりはとてもさっぱりしますが、メントールのような成分は入っていません。また、僕は混合肌ですが、今のところ洗顔後につっぱりを感じたことはありません。

バルクオムの化粧水「THE TONER」の使用感

バルクオムの化粧水 THE TONER

バルクオムの化粧水は、ややとろみがあります。

とろみがある化粧水は、個人的には嫌いです。なぜなら、ベタつくような感じがするから。

ところが、使ってみると、意外に軽い。肌にはすんなり吸い込まれていきます。

それに、ベタつくことはなく、逆に「もうちょっとしっとりしてもいいかな」って思ってしまうくらい。

男性好みの使用感だなって感じました。

化粧水の適性使用量は、ボトルに入れた状態で1回あたり4プッシュ。ボトルに入れない場合は、500円玉大です。

1プッシュで10円玉1個分くらいは出るので、4プッシュは多すぎると思い、初日は2プッシュしか使いませんでした。

ところが、予想以上に軽い化粧水なので、今はしっかり4プッシュ使っています。それでもベタつかず、心地よい程度のしっとり感です。

バルクオムの乳液「THE LOTION」の使用感

乳液は、化粧水の水分を閉じ込めるために必要不可欠。

僕は基本的にテカリやすい肌ですが、テカリを嫌って乳液なんて絶対に使いたくありませんでした。

ところが、しっかり保湿をした後に乳液で蓋をしてやると、逆にテカリやベタつきが少なくなります

これを実感してから、必ず化粧水の後に乳液を使うようにしています。

バルクオムの乳液は、化粧水と同じように軽めです。

適正使用量は、専用ボトルで2プッシュ。僕も今までは薄めに乳液を使ってきましたが、バルクオムはしっかり2プッシュ使ってもベタつきません。

ベタつきやテカりを嫌う方にもオススメできる乳液だと思います。

バルクオム3日目の肌

バルクオム3日目の肌

まだ3日目なので、ニキビや毛穴などの状態は特に変わらず。ニキビに関しては、もう少しで白ニキビになる予感。

ちなみにですが、肌の写真は加工など一切しておりません。

加工すれば、こんなに気持ちの悪い画像にはならずに済みますが、ありのままを参考にしていただきたいと思い、あえて気持ちの悪い肌をさらけ出しております。

まとめ

  • 洗顔「THE FACE WASH」は、誰でも簡単に弾力のある濃い泡がたくさん作れる
  • 化粧水「THE TONER」は、とろみはあるが肌馴染みがよく、軽い着け心地
  • 乳液「THE LOTION」は、化粧水と同じように軽い着け心地で、ベタつきやテカりを嫌う方にもおすすめできる乳液

-スキンケア ブログ, バルクオム, バルクオム スキンケアブログ
-, , , , , ,

Copyright© 僕らだって人間です , 2018 All Rights Reserved.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。